会社設立に関して不安をなくせる【インドネシア進出が実現】

店舗

マーケティングリサーチを頼める

会社設立をするには多くのことが必要です。例えば、ハウスクリーニング業を開業するにしてもいろんな準備が必要ですし、安定した経営をするためにどうすべきかをしっかりと考えていかなくてはなりません。また、海外で会社を立ち上げるには、もっとたくさんやることがあるでしょう。もし、インドネシアに設立をするならば販路からマーケティングまで知識を得なければなりません。しかし、インドネシアでの会社設立のサポートをしてくれる会社があるため、力になってくれる頼れる存在といえます。こういったサポート会社は、どのように宣伝や訴求をするのかを分析してくれますし、競合他社の調査もしてくれるので経営者としては非常に助かるのです。

男女

手続きの代行も安心

インドネシアで会社設立をするならば、法人登記もしなければなりません。現地の言語で手続きをしなければなりませんが、サポート会社に頼めば手続きの代行も随時行なってくれます。また、ライセンス取得もこういったサポート会社があれば、簡単に行なうことができて安心でしょう。

ハウスクリーニングをフランチャイズで開業するまでの流れ

店舗

説明会への参加

フランチャイズとは何か、どのような流れで開業できるのか、費用はどのくらいなのか、といったことを説明する会が、業者ごとに行なわれます。参加して業者のビジネスモデルを知るべきです。資料請求もできます。

相談

説明会での内容よりももっと細かく、協会の開示基準なども見ることが相談する中で見ていくことができます。書類も提示してくれるので、チェックしておきましょう。開業経験者に話を聞くことも可能です。

加盟の申し込み

相談内容に納得したら、加盟の申請をします。企業の場合は決算報告書や謄本なども提出が求められます。細かい打ち合わせで契約内容や出店地の決定がなされ、加盟が承認されます。

店舗の設計

ハウスクリーニングの開業に必要なキットがあるので、それを購入する費用を調印式の際に支払います。サインをすれば契約が行なわれ、代表者研修に入るのです。店舗改装の段階で本部から看板の設置が提供されます。

開業までのサポート

フランチャイズなので、ハウスクリーニングにおいてもその業者の経営理念があります。そういった基本的な研修がこの段階で行なわれます。クリーニング関する技術もスタッフに研修してもらえるので、しっかり営業に向けて準備できるのです。

システムの利用も便利

小さなお店ならposシステムなどがなくてもやっていけますが、フランチャイズや複数店舗の経営になると経理も複雑かつ煩雑になってくるので、システムの導入も検討すべきです。便利なシステムとしては店舗管理システムがあります。

店舗管理システムの機能一覧

  • クーポン配信
  • 商品の在庫数管理
  • 納品・陳列管理
  • POSシステム
  • データを使ったマーケティング分析
  • 顧客情報の管理
  • 顧客の行動を見える化する
  • 予約管理
  • 勤怠システム

店舗管理を実施しよう! 歯科の内覧会を確認

広告募集中